オットセイが精力剤に使われる理由は高い精力効果が見込めるからです

精力的な効果が高いとされ、昔から精力剤に含まれてきたのがオットセイです。

 

ほんとうに効果が期待できるのか、動物性のものを取って副作用はないのか、といったことを気にしている方も多いので詳しく解説します。

 

 

■オットセイとは何か?

 

・オットセイのペニスのエキスを利用している

 

寒冷地に住んでいる動物の一つがオットセイです。

 

身体は非常に大きく、オスの気性は非常に荒いことでも知られています。

 

大型のオスになると、シロクマ相手にも一歩も引かないほどの力を持っています。

 

そのオットセイは繁殖力が強いことでも知られています。

 

1頭のオスに何十頭ものメスがいるほどなのです。

 

そういったこともあり、ペニスを精力剤の成分として利用され始めたのです。

 

実際にオットセイの肉からは有効成分が発見されており、高い精力効果・健康効果が現代でも期待されています。

 

 

■オットセイにはどんな効果が期待できるのか?

 

・血管を拡張させる効果
・体力を回復させる効果

 

オットセイの肉から採取されたエキス成分のことは、「カロペプタイド」と呼ばれています。

 

末梢神経を確証させる効果があることでも知られており、血行不良によって様々な症状が出てしまっている方に有効に働くことが確認されています。

 

勃起不全も血管が収縮してしまうことによって起こってしまうケースが少なくありません。

 

血管を拡張する作用のあるオットセイのエキスは大きな効果が期待できます。

 

体力を回復させる効果についても注目です。

 

そもそも、オットセイを食べるイヌイットの人々は、身体がとても暖かく、免疫力が強いことでも知られているのです。

 

ちょっとした風邪などもひきにくくなり、強い肉体がオットセイの成分を摂取することで得られるかもしれません。

 

※オットセイのペニスをよく利用していたことでも知られているのが、江戸幕府11代将軍の徳川家斉です。
オットセイの効力か、なんと50人以上もの子供を作ることに成功しました。

 

 

■オットセイに副作用はあるのか?

 

・特に心配することはない

 

オットセイから抽出される異天然エキスなので、いまのところ重篤な副作用の報告はありません。

 

よっぽど大量に摂取しない限りは、末永く付き合っていける精力成分と言えます。

 

また、オットセイの肉を食べることにはならないので、カロリー過多になってしまう、といったことも考えられません。

 

健康的、そして効率的に精力回復が狙えるわけです。