心配!精力剤の副作用で薄毛になるって本当なの?

精力がある人は、頭髪が薄い、なんてこともいわれています。

 

そこで注目したいのが、精力剤を飲んだら薄毛になってしまうのではないか、といったことです。

 

精力剤を飲むと男性ホルモンを高めそうですし、心配する気持はよく分かります。

 

こちらでは精力剤と薄毛の関係性について詳しく解説します。

 

 

■精力剤で髪の毛が薄くなることはない!

 

・そもそも男性ホルモン量は薄毛に関わっていない

 

男性ホルモンがゼロであれば、男性型脱毛症は発症しません。

 

しかし、我々男性には睾丸があるわけです。

 

精力が強かろうが弱かろうが、一定量は睾丸から男性ホルモンが出ています。

 

その量が少なかったとしても、薄毛になることはあるのです。

 

男性型脱毛症のメカニズムが分かれば、精力剤は薄毛に関係していない、と言ったことが分かってもらえると思います。

 

 

【男性型脱毛症のメカニズム】

 

・睾丸からテストステロン(男性ホルモン)が分泌され全身に行き渡る

・毛根部周辺にある5αリダクターゼと呼ばれる酵素とテストステロンが結合してしまう

・ジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる物質が生まれてしまう

・ジヒドロテストステロンが、前頭部から頭頂部にかけての毛母細胞を攻撃する

攻撃された部位は髪の毛が生えにくくなってしまう

 

ここでチェックして欲しいのが、男性ホルモンのテストステロンと結合してしまう5αリダクターゼです。

 

実はその物質がテストステロンよりも問題があったのです。

 

5αリダクターゼには、テストステロンと結合しやすいケースと、結合しにくいケースが有ります。

 

結合しにくければ、テストステロン量が多くても男性型脱毛症は発症しないんですよ。

 

そもそも男性型脱毛症は遺伝性のものです。

 

精力剤で男性ホルモン量が急に増えたとしても、発症するものではありません。

 

仮に、精力剤を飲んで薄毛になったとしたら、原因は精力剤ではなく遺伝だったのです。

 

本当に薄毛になりたくないのであれば、睾丸を取るしかありません。

 

睾丸を取ったら、精力剤を飲んだとしても意味がありませんよね。

 

 

■急激に男性ホルモンを変化することはない

 

・男性ホルモンの分泌をスムーズにする

 

男性ホルモンですが、急激に増えるようなことがあれば精力剤は危険なものと判断されているはずです。

 

あくまで、サポートするのが精力剤の役割です。

 

サプリメントなので、カラダに大きな影響をあたえることはありません。

 

安心して摂取できますよ。