加齢とともに勃起力が低下…男性はいつまで現役でいられるのか?

年齢と勃起力の低下は関係しています。

 

10代や20代であれば、勃起力に不安を抱えている、といった方はほとんどいません。

 

しかし、30代後半になってきたり40代になると毎回ではないにしても、時々、勃ちが悪くなっていることもあるのです。

 

しかし、男性はいつまでも現役でいたい、といった気持ちがありますよね。

 

こちらでは、男性はいつまで現役でいられるのか、といったことについてお話します。

 

 

■健康体であれば、男性に年齢は関係ない

 

・70代オーバーでもの勃起できる!

 

女性の場合は、50代を超えると子供を授かることは難しくなります。

 

しかし、男性は50代でも60代でも子供を作ることができます。

 

実は、70代以降であったとしても子供を作ることがあるのです。

 

男性に関しては、年齢によって男性の機能がなくなる、といったことはありません。

 

男性ホルモンは睾丸から分泌されているのですが、睾丸は一生涯にわたって機能を働かせ続けているのです。

 

男性ホルモンが分泌され続けられており、精子を作る作業も行われています。

 

そこで問題になってくるのが、勃起が出来るのか、といったことです。

 

いくら精子があったとしても、勃起ができなければ性行為はできませんよね。

 

 

・健康体であれば80代でも勃起できるのが男性!

 

EDになる方は、年令を重ねるごとに増えてくるので難しいと思われがちですが、70代や80代以降も理論上は可能です。

 

ただし、健康であることが条件に入ってくるのです。

 

勃起には血流が大きく関わっているのですが、年齢が高くなるごとに血圧が高くなることが分かっています。

 

高血圧の方は勃起しにくいので、どうしても健康であることが条件に入ってしまうのです。

 

 

■高齢になっても現役でいたい!どうすればよいの?

 

・精力剤を利用しよう

 

精力剤を定期的に利用することで、生涯現役、といった可能性も出てきます。

 

年齢が高くなるとどうしても身体の機能が衰えてしまいます。

 

その結果、勃起しないような状況になりかねません。

 

勃起しないような状況になってしまわないようにするためにも、精力剤で体に良い成分を取り込みましょう。

 

たとえば、血圧を下げる、といったことが重要なのです。

 

精力剤の中には、血管を拡張するような作用を持っているも少なからずあるのです。

 

血管が拡張すれば、それだけペニスに流れこむ血液量も多くなります。

 

その結果、勃起がスムーズにできるようになります。