朝立ちって普通は何歳ごろから何歳まであるものなの?

10代の頃は頻繁にあった朝勃ちですが、気が付くとほとんど起きなくなってきますよね。

 

30代を過ぎたあたりでなくなってくるでしょうか。

 

40代になってくるとほとんど起きなくなってしまう、といったケースも有るほどです。

 

こちらでは、朝勃ちは何歳頃から何歳頃に発生するものなのか、といったことをお話します。

 

また、朝勃ちが起きなくなってきたら、何かしらの対策を立てるべきなのでしょうか。

 

 

■朝勃ちが発生する年齢

 

・思春期を迎えたあたりから朝勃ちが発生する
・男性であれば亡くなるまで朝勃ちが発生する可能性あり

 

10代前半で朝勃ちが発生するようになります。

 

男性的な機能がしっかりと備わった時点で、朝勃ちが発生できるようになるのです。

 

早熟タイプの男性であれば、小学生の時から朝勃ちが起きるようになります。

 

ただし、個人差もあり中学生になってから初めて朝勃ちするようになったり、高校生になってから初めて朝勃ちすることもあります。

 

男性ホルモンの分泌量には個人差があり、本格的に分泌が開始されれば自然と朝勃ちが起こるようになるのです。

 

問題は朝勃ちが続く年齢ですが、実は男性であれば亡くなるまで起きる現象でもあります。

 

個人差があるのも確かですが、80代以降でも朝勃ちをする男性は少なからずいます。

 

EDに陥ってしまっている方であれば難しいですが、健康体であれば70代や80代でも、時々起きます。

 

年齢的な影響を受けるとしたら、朝勃ちの頻度です。

 

若い時であれば、毎日のように朝勃ちが起きますが、年齢が高くなるごとに2日に1回や3日に1回といった感じで頻度が少なくなっていきます。

 

60代や70代になると、週に1回程度、といった状態になる子とも少なくありません。

 

 

■朝勃ちの回数が少なくなってきたら何かしらの対策をたてるべき?

 

・早めの対処が肝心

 

朝勃ちが起こりにくくなってきたということは、EDになっている可能性が高いです。

 

初期の段階でしっかりとした対処をしておかなければ重度の勃起障害となってしまうかもしれません。

 

そもそも何かしらの病気が隠れているのかもしれません。

 

朝勃ちしないということは、スムーズにペニスの海綿体に血液が流れ込んでいない可能性もあるのです。

 

 

・どんな対策をすべき?

 

初期段階として精力剤の利用があります。

 

ドリンクタイプ以外にも、錠剤タイプもあり、利用がしやすくなっています。

 

勃起に関わる栄養素を効果的に摂取できるメリットがあります。

 

栄養不足による勃起不全であった場合には、かなり早い段階で効果が出てくることも少なくありません。

 

 

朝立ちしなくなったら危険?勃起しなくなる前兆って本当?

朝勃ちをしなくなると、やはり精力減退をイメージするはずです。

>>精力減衰を助ける精力剤ランキングはコチラ

 

そもそも10代や20代の時は、毎日のように朝勃ちをしていましたよね。

 

実際に、起きた時に勃起しているのは自然現象の一つです。

 

特におかしいものではありません。

 

朝トイレに行くの時が大変、といった男性あるあるも若い時にはよく語られるものです。

 

こちらでは朝勃ちと勃起不全(ED)の関係性にせまります。

 

朝勃ちがしなくなった=精力減退

 

上記のような考え方が成り立つのでしょうか。

 

成り立つのであれば、朝勃ち回数が減ってきたらすぐにでも対処しなければなりませんよね。

 

 

■朝勃ちが少なくなるということは勃起障害の前兆である!

 

・血行に重大な問題が起こっている可能性があり

 

勃起はどのようなメカニズムで起こるのでしょうか。

 

実は、ペニスの海綿体には細い血管があります。

 

ペニスにある血管の太さは特に細くなっています。

 

たとえば脳の血管は、5ミリから7ミリとかなり大きく、心臓も3ミリから4ミリあります。

 

しかし、ペニスの血管は1ミリから2ミリしかありません。

 

そのペニスの血管に血液が流れ込みにくくなっているということは、血管の病気の可能性があるのです。

 

高血圧についてですが、血管が収縮しています。

 

血管がすぼまっており、流れる血液量が少なくなっているのです。

 

その結果、細い血管には血液が行き渡りにくくなります。

 

高血圧は朝勃ちの回数減少に大きく関わっているので、十分に注意しなければなりません。

 

血行障害の兆候が最も早く現れる部位がペニス、といわれています。

 

朝勃ち回数が減ってきたら、まずは血圧を計ってください。

 

問題があれば、適切な対処を実行すべきです。

 

 

・男性ホルモンが減っている可能性あり

 

生殖機能は男性ホルモンに大きく関わっています。

 

朝勃ちしないということはホルモンに大きな問題が出ている可能性があります。

 

実は、男性にも更年期障害といったものがあり、40代から50代にかけて、急激に男性ホルモンが減っているのです。

 

その影響で勃起不全が発症してしまうことがあります。

 

更年期障害が発生すると落ち着くまでは勃起不全の状態が続く可能性があるので、注意しなければなりません。

 

 

■朝勃ちを復活させるためにはどういったことが必要?

 

・血行を高める

 

血液の流れを良くすることが大事です。

 

身体を温める食べ物を食べたり、血行を高める成分をサプリメントで摂取しましょう。

 

勃起不全対策のサプリメントにも血行を高める成分が含まれており、おすすめの対策法の一つです。




人気記事@今、実力のある精力剤を買って試したよ↓↓