勃起しても硬くならない!これってインポの前触れですか?

勃起しているにもかかわらず、柔らかい状態になってしまっている方はいませんか。

 

実は、それはインポの前触れです。

 

そのまま放置しておくと、日常的にもEDとなってしまいます。

 

勃起しても柔らかいような状態になってしまっている場合には、早急な対策が必要です。

 

こちらでは勃起しても柔らかくなっている原因、さらに有効な対策方法についてお話します。

 

 

■勃起しても柔らかい理由とは?

 

・血液量が足りていない

 

勃起するためには、ペニスにある毛細血管に大量の血液が流れこむ必要があります。

 

血液量が足りていないような状態が継続してしまうと、普段から勃起時の硬さが甘いようになってしまうのです。

 

一般的に勃起状態になると、ペニスが血液で満たされているような状態になります。

 

血液でパンパンになっている感じですね。

 

10代の頃はそんな状態になっていたのではありませんか。

 

しかし、何らかの理由で血流量が落ち込んでいると、ペニスに入ってくる血液の量が少なくなってしまいます。

 

その結果、勃起が甘くなってしまうわけです。

 

 

・なぜ血流が悪くなってしまうのか?

 

生活習慣が起因している可能性があります。

 

また、偏食気味の方であれば、栄養素に問題があるかもしれません。

 

実際に、血行を高めるとされる成分も多数あります。

 

その摂取量が足りない状態が続いてしまうと、高血圧の状態になってしまい、半勃起のような状態ばかりになってしまう可能性もあります。

 

 

■勃起しても柔らかい場合はどうすればよい?

 

・精力剤を飲む
・定期的に運動をする
・暴飲暴食を控える(肥満を予防する)

 

血行を高めるようなことをする必要があります。

 

血行を高める方法は様々ありますが、最もおすすめになってくるのが精力剤を飲む、といった方法です。

 

精力剤には様々な成分が含まれているので、もちろん血行促進成分も摂取できます。

 

偏食気味の方で、ビタミンやミネラル、そしてアミノ酸の摂取量が落ち込んでいる方は積極的に活用しましょう。

 

運動をして、身体の機能を高める、といった方法もおすすめです。

 

運動をすることで、血液の流れも定期的に促進されることになります。

 

ずっとじっとしていると、いつも血管が収縮しているような状態が維持されてしまうので、週に3回から4回は何かしらの運動を実施しましょう。

 

肥満は血管に対して悪い影響を与えてしまいます。

 

血管が長くなってしまうので、血液をしっかりと送るために血管を収縮しているケースが多くなっているのです。

 

暴飲暴食を控え、肥満にならないようにすることも、勃起不全を治す有効な対策法です。