精力剤にも用いられるマカは不妊治療にお勧めできるか

 

マカは多くの精力剤に用いられる原材料です。

 

精力増強が見込まれているほか、一部では不妊にも効果があるといわれています。

 

マカは本当に不妊治療にお勧めできるのでしょうか。

 

 

・薬用植物のマカ

 

マカはペルーが原産の多年生植物です。

 

海抜4000m以上の高地で栽培されています。

 

日本では、なじみが薄い植物ですが、ペルーではトマトやジャガイモ、トウモロコシなどと同じく有名な植物です。

 

貴重な栄養源として、かつては上流階級のみが食したといわれています。

 

現在は、多くのペルー人が食すほか、薬用植物として精力剤などに用いられています。

 

 

・マカに含まれる栄養素

 

マカには、多くの国で主食として用いられている小麦やトウモロコシ、米にも勝る栄養素が含まれています。

 

加えて、ビタミンやミネラル、アミノ酸が豊富です。

 

特に、大量の亜鉛と必須アミノ酸が含まれていることで知られています。

 

様々な栄養素を含有する完全食であることから、マカはて「天然のバイアグラ」と呼ばれることがあります。

 

 

・マカにまつわる不妊治療の伝説

 

天然のバイアグラといわれるマカには、不妊治療にまつわる伝説があります。

 

スペインがペルーを侵略したとき、連れてきた馬が高地に馴染めず、繁殖に失敗したそうです。

 

困ったスペインは、原住民の勧めに従い、マカの葉を馬に与えました。

 

すると、環境に適応できなかった馬は元気になり、繁殖に成功したそうです。

 

あくまでも馬の繁殖にまつわる伝説ですが、マカに秘められた可能性を伝える物語と考えられています。

 

 

・マカは不妊治療にお勧め?

 

マカの魅力は、亜鉛とアミノ酸が大量に含まれていることです。

 

亜鉛は精子・男性ホルモンと深いかかわりがあります。

 

男性の身体にある亜鉛の多くは、前立腺に存在します。

 

前立腺は精子に栄養を与え活動能力を高める働きや、精液の一部を分泌する働きを司っています。

 

亜鉛が不足するとこれらの働きが衰えるほか、精細管が委縮し精子の形成が滞るなどの影響が現れます。

 

男性ホルモンは、性欲を掻き立て、勃起するために欠かせないホルモンです。

 

これらに関わる栄養素であるため、亜鉛は欧米でセックスミネラルと呼ばれています。

 

一方のアミノ酸の中にも精子の形成にかかわるものがあります。

 

例えば、山芋にも含まれるアルギニンは精子の数を増やし、活動量を高めるといわれています。

 

マカにはこれらの栄養素が含まれているので、不妊症治療に取り組む方にお勧めできるといえるでしょう。

 

以上の通り、マカは不妊治療に取り組む方に魅力的な成分を含有しています。

 

精力剤などに配合されているので、興味のある方はお試しになるとよいかもしれません。

 

ただし、器質的な問題を解決するものではありません。治療が必要な方は医師の指示に従ってください。