性別と年齢により精力のピーク・減退率はどのように違うか

男性と女性で精力のピークを迎える年齢は異なるといわれます。

 

減退するスピードも異なるのでしょうか。

 

これらの点について解説いたします。

 

 

・年代とともに変化する精力

 

ヒトの身体は、年齢とともに様々な変化と起こします。

 

精力もその中の一つに含まれ、年代とともに盛んになり、衰えます。

 

一般に言われる通り、男性と女性では精力のピーク、衰えを迎える年代が異なります。

 

しかし、個人差が大きな問題なので、すべての方に当てはまることではありません。

 

 

 

・10代でピークを迎える男性の精力

 

多くの男性が実感している通り、男性は10代〜20代前半で精力のピークを迎えます。

 

10代〜20代前半でピークに達する理由は、性欲を司るホルモンであるテストステロンの分泌がピークを迎えるからです。

 

このころの男性は、何度も性行為を行えるほど精力があります。

 

 

 

・20代〜40代までピークが続く女性の精力

 

一方、女性の精力は20代〜40代までピークが続きます。

 

女性の精力は、エストステロンとエストロゲンに影響を受けると考えられていますが、これらの分泌は10代後半から40代半ばまで続きます。

 

ともに20代後半が分泌量のピークですが、ある程度の量が分泌され続けるため精力はそれほど衰えません。

 

男性と比べるとピークの期間が長いといえるでしょう。

 

 

 

・男性の精力の減退率

 

男性の性力は、ピークを迎えた後、徐々に減退します。

 

この背景には、やはりエストステロンの減少があると考えられています。

 

参考までにエストステロンの減少率を紹介すると、1年に1%〜2%程度減少するといわれています。

 

精力はエストステロンだけに影響を受けるものではありませんが、この割合を参考にすると、10年に1割程度の割合で精力が減退すると考えられます。

 

 

 

・女性の精力の減退率

 

女性の精力は、20代後半にピークを迎えた後、徐々に減退するものの減退率はわずかです。

 

先ほど紹介した、性ホルモンの分泌が維持されることが要因です。

 

閉経を迎える前になるとエストロゲンが激減します。

 

さらに、閉経後はエストロゲンがほとんど分泌されません。

 

しかし、テストステロンの分泌は続くことが多いので、精力は維持されます。

 

その後、精力は徐々に衰えますが、かなり個人差が大きいといわれます。

 

女性の中には生理のわずらわしさから解放され、より精力が高まる方もいます。

 

女性の精力の減退率は、男性以上に個人差が大きいといえるでしょう。

 

男性、女性の精力減退率は以上の通りです。

 

精力の強さは、肉体的・心理的要因に左右されるので、個人差がかなりあります。参考の一つとしてお考え下さい。