精力と空腹の関係性|空腹時のほうが精力アップするってホント?

満腹時と空腹時で比較してみると、実際に勢力が高まりやすいのが空腹時になります。

 

こちらでは、なぜ空腹時のほうが精力はアップするのかについて解説します。

 

理由を知っていれば、セックスする時間帯などを考えるのにも役に立ちますよね。

 

 

 

■本能的な理由がある!

 

生命に大きく関わってくるのが、食事です。

 

人間は栄養を得なければ死んでしまいます。

 

満腹時は生命的には非常に安心できる状態なのです。

 

ですから、特に焦って子孫を残そう、とは思わないわけです。

 

一方で、空腹時は違います。

 

しばらく栄養が体に入ってきていないので、身体としては危険性を感じています。

 

もしかすると死んでしまうかもしれないと、身体は思ってしまうのです。

 

同じ死ぬのであれば子孫を残してから、と精力を高める機能が人間にはあるとされています。

 

精力について不安を覚えている男性は、食事前に性行為をしてみるのもおすすめです。

 

たったそれだけで、精力減退のちょっとした対処ができるかもしれません。

 

ただ、注意してほしいのが、対処療法にしかならないということです。

 

精力がない原因を解決することにはなりません。

 

原因にしっかりと対処したいのであれば、精力剤などの利用をお勧めします。

 

 

 

■満腹時の注意点について

 

・眠くなるので精力が減退することも

 

満腹になると、眠気が出てきてしまいます。

 

実はその眠気によって精力が奪われているといった報告もあります。

 

性欲も人間の中では大きな欲求ですが、睡眠欲も負けてはいません。

 

眠らなければ、身体の機能を維持できないのです。

 

眠気が出ると、どうしてもエッチする気分にはならなくなってしまいますよね。

 

基本的にパートナーとセックスをするときは、食後が多いと思います。

 

夫婦であれば、仕事が終わって家に帰って食事をしてからするケースが多いですし、恋人とするのであればディナーを食べてからホテルに寄ってセックスしていくことになります。

 

どうしても満腹時に性行為することになってしまうのです。

 

 

・腹八分目を意識しよう

 

満腹まで食べないでください。

 

もう少し食べられるかな、程度で済ませるのがおすすめです。

 

食べ過ぎてしまうと、眠気が強く出てきてしまいます。

 

身体も安心しきって、精力を発揮しにくい状態になっています。

 

※勃起薬や精力剤についても、満腹時に飲むと効果が薄いことが報告されています。
特に勃起薬のバイアグラにはその傾向が強く、食事直後に飲むのはおすすめではない、とされているほどです。