30代から40代男性必見!勃起不全の原因と対策

30代から40代にかけての男性の多くに出てきてしまう可能性があるのが、勃起不全になります。

 

何とか解消したいと思うものですが、そう簡単に治るものではありません。

 

こちらでは複数ある勃起不全の原因とそれぞれの対策法について言及します。

 

 

■心因的EDの原因と対策

 

心因的とは、心理的な影響で勃起不全になることを指しています。

 

・不安
・ストレス
・うつ病

 

様々なものが入り組んでいるので、なかなか対処するのが難しいです。

 

特に女性から傷つけられてしまった経験がある男性は、この症状に悩むこともあります。

 

「ダメな男」「全然だめ」「下手」このようなことを言われたおかげでEDになる男性も少なくないのです。

 

・心因的EDの対策法とは?

 

カウンセリングや医薬品の利用を行うケースもあります。

 

特にうつ病を発症してしまっている方は、うつ病治療を受けることで心因性EDが治った例もあるので、治療法が全くないわけではありません。

 

 

■年齢によるEDの原因と対策

 

EDは20代では発症しにくいです。

 

30代や40代になると発症してくるので、明らかに年齢が関わっていることは確かです。

 

原因として考えられるのが、長年の生活習慣によるものです。

 

若い時は身体も耐えられるのですが、ある程度年齢が高くなると何かしらの症状が出てきます。

 

その一つが勃起不全なのです。

 

 

【生活習慣病と勃起不全率】
・糖尿病患者・・・80.9パーセント
・高血圧患者・・・66.7パーセント
・高脂血症患者・・・64.7パーセント

 

 

・年齢によるED対策法とは?

 

生活習慣を正しいものにすることです。

 

食べ物や嗜好品には気を付けてください。

 

カロリーの高いものを好んで食べていませんか?
タバコを吸っていませんか?
毎日お酒を飲んでいませんか?

 

1つでもあてはまる方は、生活習慣病によるEDになる確率があります。

 

気を付けてくださいね。

 

 

■薬剤によるEDの原因と対策

 

いくつかの医薬品によってEDが引き起こされてしまうことが分かっています。

 

医療機関側から、事前に副作用に関する説明を受けていると思いますが、気になるようであれば薬剤師などに相談しましょう。

 

・薬剤によるEDの対策法とは?

 

薬剤を辞めたら復活する例が多いです。

 

また、副作用があると告げて違うタイプの医薬品に変えてもらうのも一つの方法になります。

 

 

■手術や外傷によるEDの原因と対策

 

ペニス周辺の手術を受けると、勃起不全になる例がいくつか報告されています。

 

前立腺肥大症などといった泌尿器科系の手術に注意しましょう。

 

倫理的な影響を含んでいることもあれば、治療薬にEDに関わる副作用が認められることもあります。

 

・手術や外傷によるEDの対策法とは?

 

時間をかけるほかありません。

 

手術直後は傷の治りがまだなので、以前のようにとはいかないケースもあります。

 

時間が経っても治らない場合には、精力剤や勃起薬の利用がおすすめです。

EDの原因を徹底調査|血行不足・ストレス・男性ホルモン

EDの原因は人それぞれで、様々なケースが実際に考えられているのです。

 

主な原因としては、血行不足や高いストレス、さらには男性ホルモンの減少といったものがあります。

 

こちらではそれらの代表的なEDの原因について詳しくお話します。

 

実際に、勃起不全の症状が出て、セックスが出来なかった経験のある男性は注目ですよ。

 

 

■EDの原因|血行不足との関連性とは?

 

・血液がペニスに送られにくくなり勃起が弱まってしまう

 

勃起状態を維持するためには、ペニスに大量の血液が送り込まれなければなりません。

 

ペニスに血を送るためには、血管が拡張されている状態が望ましい訳です。

 

しかし、色々な原因があって、血管が収縮してしまっているケースが有ります。

 

高血圧の状態になってしまうと、血管に流れている血液も少なくなり、結果的にペニスに入ってくる血液量も少なくなってしまうのです。

 

勃起力が不足してしまったり、ほとんど勃起しないケースも少なくありません。

 

半勃ち状態でセックスを始めることになってしまい、中折れの原因になってしまうケースも少なくありません。

 

特に40代前後になってくると、高血圧で悩み始める男性も多くなるので要注意です。

 

 

■EDの原因|ストレスとの関係性とは?

 

・心因性の勃起障害といったものもある

 

まずは、一般的なお話をします。

 

ストレスには、血管を収縮させてしまう作用があるのです。

 

いわゆる血行を阻害してしまうのです。

 

ですから、ストレスが高い状態でセックスを始めようとすれば、勃起不全に結びついてしまうことも少なくありません。

 

仕事のストレス・人間関係のストレスなどを抱えていると、性生活にも大きなダメージが与えられるのです。

 

さらにセックスに関する何かしらのコンプレックスを持っていると、勃起障害に結びついてしまうこともあります。

 

過去に女性から「ペニスが小さい」・「もう逝っちゃったの?」・「早い」とか言われた経験がある方は、心に傷をおってしまいセックスに関して恐怖心を持ってしまうこともあるのです。

 

 

■EDの原因|男性ホルモンとの関係性

 

・男性ホルモンが減ると勃起障害が起こりやすくなる

 

勃起は生殖機能でもあります。

 

男性ホルモンがあるからこそ起きる現象でもあるので、かりにホルモン量が減ってしまうと勃起不全が現れてしまいます。

 

男性ホルモンは、年齢が高くなるにつれ誰しもダウンしてしまいます。

 

しかし、その減り方は個人差があり40代や50代になってもあまり減らない方も実際にいるのです。

 

一方で減りやすい方は、勃起不全の症状が出てしまいます。