精力を減退させる身近な飲食物を調べてみた!

精力は普段の食生活にも密接に結びついています。

 

こちらでは、精力を減退させてしまう可能性の高い飲食物について解説します。

 

自身の勃起不全原因を探っている方は必見ですよ。

 

 

■精力を減退させる可能性が高い食べ物とは?

 

・有機リンを含む加工食品は危険

 

有機リンを含む加工食品と言っても何を指しているのかはよく分からないと思います。

 

具体的には、冷凍食品やかまぼこ、さらにハムやソーセージなどとなります毎日のように食べてしまっている方は、自然と精力が減ってきてしまっているかもしれないので気を付けましょう。

 

なぜその有機リンが含まれている食品がいけないのかといえば、カルシウムを消費させてしまうからです。

 

体内のカルシウムを消費してしまい不足状態となってしまいます。

 

副交感神経はカルシウムをエネルギー源としています。

 

副交感神経は勃起に深くかかわっており、機能が低下すると精力減退となってしまいます。

 

・揚げ物について

 

お菓子なども含みます。フライ系食品に関しては、トランス脂肪酸が含まれています。

 

トランス脂肪酸には、体内の血糖値を狂わせてしまうことが分かっています。

 

血糖値の状態がおかしくなってしまうと、無気力状態となってしまい精力がわかなくなる可能性も指摘されているので注意しましょう。

 

・ファストフードについて

 

ハンバーガーやホットドッグについても精力を減退させてしまう可能性があるものです。

 

安い原材料が使われているので、化学物資が多く含まれているのです。

 

いわゆる、添加物が多いのですが、血中のホルモンバランスに影響を与えてしまうとされています。

 

男性ホルモンのバランスが悪くなると勃起不全となりやすいので注意してください。

 

 

■精力を減退させるドリンクとは?

 

・アルコールについて

 

少量であれば血行を良くするので、精力にも良い働きをしてくれます。

 

しかし、飲み過ぎると精力減退を招いてしまうのです。

 

アルコールの分解には肝臓の機能をかなり使ってしまいます。

 

身体の機能が疲弊することになるので、疲労回復といった面で悪い影響が出てしまいます。

 

また、泥酔状態になると勃起しなくなるといった経験をしたことがある方も多いでしょう。

 

それだけアルコールは身体に負担を与えるものなので、休肝日を設けるなどの対策も重要です。

 

・豆乳について

 

大豆イソフラボンには女性ホルモンに似た働きがるとされます。

 

体内に大量に入ってしまうと、ホルモンバランスに問題が出てくる可能性もあるので精力に悪影響を及ぼす可能性が指摘されています。