若いのになぜ!?若年層の勃起障害の原因と対策

勃起不全は30代になってから、と思われる節もあります。

 

しかし、20代で発症してしまう方もいるのです。

 

こちらでは若年層の勃起障害について詳しく解説します。

 

なぜ若いのに勃起不全なるのか
どのように対策をすればいいのか

 

この2点について詳細にお話ししますね。

 

 

■若年性勃起障害の驚くべき原因とは?

 

・心因性の原因が最も考えられる

 

若年性の勃起障害については、精神的な影響が最も大きいとされます。

 

高齢の方がなる勃起障害は身体的な老いが原因にありますが、20代はまだまだ健康体のはずです。

 

であるにもかかわらず勃起障害になるのは、やはり心因性を疑わざるを得ません。

 

青少年時代の教育方針に原因がある場合も多く報告されています。

 

親の方針などで、性的なものに触れさせてもらえないこともあるでしょう。

 

また、「性的なもの=悪、または汚らわしい」といった教えを植えている場合もあります。

 

そういった方には特に、勃起不全といった症状が現れることがあります。

 

コンプレックスが勃起不全を生んでしまうケースもあります。

 

特に若い時は、自身のペニスの形状にコンプレックスを抱きやすいです。

 

包茎である場合には、その負い目からセックスができなくなる例もあります。

 

仮性包茎については、特別コンプレックスを感じる必要はない(日本人の70パーセントほどが仮性包茎である)、といったことを知るのも大切ですよ。

 

 

■若年性勃起障害の対策法

 

・カウンセリングを受ける

 

心因性が原因であるなら、コンプレックスを治すためにもカウンセリングを受ける必要がります。

 

また、両親の教育法方針で勃起障害になってしまっている方は、親元を離れるといった対策方法もあります。

 

一人暮らしを始めたら自然と治癒した例もあるのです。

 

・包茎手術を受ける

 

包茎でコンプレックスを感じている場合には、メンズクリニックや泌尿器科での手術をお勧めします。

 

仮性包茎の場合は保険適用がありませんが、カントン包茎と真性包茎の場合は泌尿器科の場合に限って保険適用範囲内で手術置受けられます。

 

保険適用であれば30,000円程度で手術できるので、若い方でも十分に対応できますよね。

 

・精力剤を利用する

 

若い方であれば、いきなり勃起薬を使う必要はありません。

 

確かに解決する可能性は高いですが、副作用が心配なのです。

 

若いうちから副作用といったリスクの高いものを利用することはありません。

 

精力剤に関しては栄養補助食品といったものになります。

 

若い方は偏食になりがちなので、精力剤で栄養補給するのもおすすめですよ。